「いぶき宿通信」No.23

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2017 No.23 2017.12 

Merry Christmas & Happy New Year!

リースつくり       リース1

〈クリスマスリースつくり〉  〈素敵なリースが出来ました。大満足!楽しかった!〉

12月2日(土)には「えすぺり」でクリスマスリース作りをしてきました。
材料を整えて・・・どんなのができるか楽しみにでかけました。
時間の都合で、午前中2時間ほどでつくり上げて日帰りの福島行でした。
「自分でリースがつくれると思ってなかった」
沢山の材料に、どんなふうにつかおうかな〜〜と眺めるのも楽しそうでした。はじめると、どんどんと飾り付けが進み、次第に緊張していた顔が緩んできました。大人の顔に笑みがこぼれ始めると、顔が若返っていきました。「あ〜〜、たのしかった!」との言葉を発している顔は童顔になっていました。「あ〜〜、たのしかった!」とても心温まる言葉でした。

世界の核災害に関する研究成果
     報告会 

ちらし表        ちらし裏

11月12日に「世界の核災害後始末調査」科研費グループ(代表:今中哲二)「被ばく被害の国際規格研究」科研費グループ(代表:川野徳幸)主催で開催された「世界の核災害に関する研究成果報告会」に行ってきました。250名ほどの人が熱心に研究報告に耳を傾けていました。午前10時から午後6時半までの長時間に亘る報告会で報告された研究は12本。実に内要の濃い1日でした。1日ですべてを聴くのはもったいないくらい、それぞれの研究をもっと時間をかけて聴きたかったと思いました。
* 原子力工学、チェルノブイリ原発事故など原子力が起こした不始末に関わる研究に従事しておられる今中哲二さん
* 「グローバルヒバクシャ」の概念を提唱して、社会学と平和学の見地からマーシャル諸島の米核実験被害調査に従事している
竹峰誠一郎さん
* フランスの民生・軍事核政策を研修している真下俊樹さん
* セミパラチンスク核実験場周辺住民への聞き取り調査をして、社会学的な観点から核被害の実態を明らかにしようとしている
平林今日子さん
* 広島・長崎、セミパラチンスクなど核被害に関する研究をし、被爆者、被災者の被ばくによる精神的・社会的影響について考察している川野徳幸さん
* 原爆・米核実験放射線被ばくについて米公文書を調査している高橋博子さん
* 内科医として被爆者医療の経験をもとに「チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西」を立ち上げ放射線の遺伝的(継世代)影響を研究している振津かつみさん
* 東海村臨海事故を経験し、チェルノブイリ原発事故における人体影響の研究をし、福島の原発事故後いち早く福島に入り汚染の実態を調査し現在福島在住の木村真三さん
* チェルノブイリ、東海村、福島の原子力事故を取材、隠された事故像の発掘に努めているジャーナリストの七沢潔さん
* 行政府のアカウンタビリティ確保という観点から、核災害時緊急事態対応体制を研究している進藤真人さん
* 米国南西部ウラン鉱山開発と環境正義運動、先住民族と「核」に関心を寄せながら、普段は有機農業、育児をしている玉山ともよさん
* 核エネルギ—の「平和利用」をめぐる国際関係をテーマに調査している鈴木真奈美さん
大学で教えている人、ジャーナリスト、そして物理、生物科学から核に迫る人、社会科学から核に迫る人、環境をも含めて実に様々の角度からの研究報告でした。人が、いのちあるものが、この地球という同じ船の中で生きて行くには、もはや国境もなければ、人だけの問題でもなく、核は歴史軸の縦と横を様々に織りなす問題と影響を及ぼしていることに気づかされました。
ビキニの水爆実験、第五福竜丸は心にかけ続けていました。小さかったあのころの、「黒い雨が降るから、雨にはぬれないように必ず傘をさすように。」「マグロは危ないんですって」という会話を昨日のことのように覚えています。そして、東京に来てからは何度か、第五福竜丸を見に行ったり、話しを聞きにいったりしていたにもかかわらず、マーシャル諸島に暮らしている人々のことには心が向いていなかったことに、愕然としました。今回の報告の中でのショックの一つでした。それで、報告会の帰りには早速443ページもある『マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる』(竹峰誠一郎著)を購入して、読みました。
67回に及ぶ米国の核実験が行われたマーシャル諸島。何故マーシャル諸島なのか。そこには差別構造がありました。マーシャル諸島の方々の名前には日本名があります。かつては日本領であった「南洋諸島」です。そこに住んでいる人々のことは日本にいる私たちの視野に入って来なかった事実、第五福竜丸一点しか目に入らず、それが米国の核実験の大きな影響の一部でそれが関係するさまざまな広がりを、人々の生活を・・・広島・長崎の核被害者のその後の生活をつぶさに共にしながら、やはり、他国の同じ核被害者の現実には思いか繋がらなかったことに、想像力の乏しさを痛感しました。
福島の核事故がこれら世界の核事故に連なっていること、そして、福島の人々のことを自分事でなく他人事のように忘れ去っていくように見え感じられる、ほんの数百キロ離れているだけの関東の私たちの現状に寒気を感じています。
大地が、大海が放射能に汚染されたということは、いのちの源が取り返しのつかないダメージを受けたのだという現実をもっと真剣に、真摯にそして謙遜に認める必要性を痛感しています。また、歴史から、かつての核事故からの学びがなされていない現実を話しの中で突きつけられて唖然としました。同時に〈だからあれほどの核事故を起こしたにもかかわらず、収束不可能なほどの状況にもかかわらず、再稼働をし、輸出までしようとできるのだ〉となぜか変な納得をしました。でも、納得してはいけないのです。『核被害に迫っていく上で大前提となることがある。それは被曝がもたらす負の現実は、安易に分ったつもりになってはならないということである。核被害の視えない領域は無限に広がっている。核被害は長い間に亘って、それも徐々に姿を現す。核被害は日々、新しいものである。核被害を固定的に、限定的に捉える見方を批判的に洗い出し、その外にあるものを意識的に拾い上げていく作業が求められる。』(「マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる」p388)
報告会の中で心に深く残っているのは
「原子力開発は核被害の歴史である」
「否定し、嘘をつき、機密にしてきた」
人が人でなしとされ、人体実験のモルモット化されてきた歴史でもあるという事実。
〈ICANのノーベル平和賞に希望をみます。
よいお年をお迎えください〉 

ピックルス1 〈錦糸かぼちゃピックルス〉

試作していた錦糸瓜のピックルスが出来上がりました。新しい商品。来年が楽しみです。

野上幸恵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です