「いぶき宿」通信No.16

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2017 No.16 2017.3

15号からの続き

NPO ふよう土2100
100年後の未来が
地域を愛する人であふれかえるように

ふよう土ふよう土パンフ中

未来の子どもたちに今できること それは私たちが有機腐葉土となること
『東日本大震災天災とそれに続く災害は、養護学校や特別支援学級に通う自閉症やアスペルガー症候群、発達障がいの子どもたちとその家族にも等しく降りかかりました。その未曾有の混乱の中,私たちの取り組んで来た活動は、一言で言えば「居場所づくり」だったと思います。』
(パンフレットより)
私たち自身が有機腐葉土になるとはどういうことなのか?と考え続けています。
そそっかしい私は、1年半前に泊まった時にこのパンフレットの表紙だけを目にして古滝屋の若旦那に声をかけたのを覚えています。帰り際だったので話しが聞けず、勝手に有機腐葉土(農業の土)と思い込んでいました。そして今回この温泉旅館に宿をとり、オーナーにお話を聴かせてもらうアポイントをとっての宿泊でした。
「NPOふよう土2100」の理事長として活動しておられるのが「古滝屋」のオーナーです。
ロビーの本棚には地域の歴史、風習、原発関係の本が並び、また、さまざまな活動の紹介なども並べられていました。あの大震災で大きな被害を受け、一時は360年続いた老舗の温泉宿を閉店することも考えられたオーナーは1年半の休業の後に再開されました。
「NPOふよう土2100」は休業中の2011年11月震災直後に設立されたのです。本当に一人一人が生きることに精一杯の中で、生きることの限界に追い込まれていた様々な子どもたちの未来のために「居場所」を作られたのです。
東北から真のライフスタイルを提案
東京で大学、会社勤務と10年間過ごし、平成8年福島県いわき市にUターンされて、実家の温泉旅館古滝屋に入社。旅館のイノベーションに努めて、現在は16代目として老舗温泉宿を経営されている里見さんは別府やドイツを視察後、地域に必要なことはその地の歴史や文化を楽しむことと理解して、温泉宿は地域に根ざし地域の人々が集える場として平成20年よりさまざまな活動を始められました。が、平成
23年3月、福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、社会の在り方や経済の進め方に疑問をもたれた里見さんは、「NPO法人ふよう土2100」、原発事故による様々な影響を考察するスタディツアーのガイドを努めるようになりました。伝統芸能の保存活動もしながら、東日本大震災の復興支援にも力を注いでおられます。平成25年にはいわき市内の有志と連携し「おてんとsun企業組合」を設立して有機農業やエネルギーの問題にも取り組んでおられます。日常当たり前のように存在する「衣食住とエネルギー」に対し、人々は真正面から向き合っていないことに気づいて、東北地方から真のライフスタイルを提案して、人々に【衣食住とエネルギー】に気づいてもらえるように北は北海道から南は沖縄まで真のライフスタイルを生きようとしておられる人々とつながりながら、100年後、今よりも人や環境や生き物に優しく、思いやりのある社会を作ることを夢みて活動しておられます。お話を聴きながら人が人として本当のLIFEを生きることがひしひしと伝わってきました。お話しを伺い、私たちの活動の話しもしながらお知恵をいただき、分かち合うことにより新たなつながり出来ました。
大河原さんたち、船引の有機農業の方々のことなどもご紹介し、大河原さんのできたてほやほやのご本と錦糸かぼちゃジャムを差し上げると、朝食に召し上がってくださると・・・
そして、翌朝ロビーに来て見ると、本棚には大河原さんのご本が早速並べられていました。

本

【東日本大震災6年】3月9日付産経ニュースによると古滝屋の使われていない元宴会場をボランティアの学生が利用できる低料金の宿泊スペースとして改装された記事が出ていました。復興事業の作業員が多く集まるいわき市は学生が泊まれるような宿が不足しています。支援で訪れた東京の建築家が「古滝屋」に相談を持ちかけ、使われていない15畳の元宴会場の提供を受けて、東京都市大の学生が半個室型でプライバシーを保てるよう設計した8人が泊まれる写真のようなスペースを8日に完成させました。素泊まりで1泊2千円也。学生にとってボランティアがしやすくなったと思われます。

「古滝屋」では、素敵なオーナーに出会い、生き方の転換に重要な示唆をもらいました。

 

福島県内の震災/原発関連死
2017年3月13日午後5時現在、
直接死1604人、関連死2139人、行方不明196人。直接死の人数は変わりませんが、関連死が日々増え続けています。
今回、里見喜生さんに出会い、有機農業でがんばっておられる大河原さんご夫妻、渡辺さんご夫妻、稲福さんご夫妻に共通するものを感じました。皆さん大自然の一員として謙虚に共にいのちを育もうとしておられ、未来の子どもたちへ手渡すものを考えて生活しておられます。
災害復興のための哲学構築シンポジウム

【あの時の、あれからの福島】
福島からの距離が遠のくと、心して努力しなければ日常の煩雑さに今なお厳しい状況にある原発(核)事故の被害者を忘れてしまいます。それだけでなく、福島の現状をかつての情報(正しいかどうかも吟味しないまま)をもとに誤解されてもいます。現在進行形の被害や誤解の解決のために福島第一原発事故についてもう一度振り返り、学術的・実効的な形で、方向性を模索するために、3月18日(土)に東京大学でシンポジウムが開催されました。
福島原発付近の介護施設、福島で暮らす/暮らせるかどうかの問題、原発事故後に被災動物が語っていること、震災後の母子保健などについて語られ、当時とそれから6年経った今との客観的事実、状況をみて、データーとデーターから読み取れること、そして福島からの距離がはなれることにより忘却のかなたへとあの事故の現実が追いやられていく中で、現在も進行している現実に目を向けて話しがされました。
シンポジストは相川祐里奈氏『避難弱者』著者、安藤量子氏『福島エートス』主催、眞並恭介氏『牛と土』著者、後藤あや氏福島県大教授コメンテーターは桜井市長、早野龍五東大教授、一ノ瀬正樹東大教授、高村昇長崎大教授(原爆後障害医療研究所)13時から18時過ぎても続いていました。
南相馬市桜井市長の歯に衣を着せないはっきりと現状を語られる姿から市民のいのちをまもる市長の並々ならない覚悟が感じられました。

連休中のシンポジウムということもあり、参加者が少なかったことは残念でした。6年前のあの日のことが忘却のかなたへ薄らいで・・・生きづらい人はより生きづらい日々です。核事故に対する温度差は大きいとあらためて感じました。  野上幸恵記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です