「いぶき宿」通信 No.7(ツアー9回)(2015.12)

Merry Christmas & Happy New Year !

北欧のクリスマスデコレーション/知人の自作

北欧のクリスマスデコレーション/知人の自作

11月27日、28日に福島での活動に行ってきました。

27 日の午後には、葛尾村に近い船引町で「エゴマ」の有機栽培、「エゴマ油の搾油」をしておられるWさんご夫妻をお訪ねしました。テレビで話題になってから、 払拭するほどのブームになっている「えごま」の栽培、収穫、そして、搾油するまでの過程の実に大変な作業を伺いました。

そして、夕方には宿舎に入り、5時から(勤務時間が終わってから)全村避難の葛尾村の役場(以前にも通信に書きましたが、役場も一緒に仮設団地の中に仮設の役場として避難してきています)の職員さんたちの希望者に「アロマハンドトリートメント」をしてきました。
仮設団地には、このようなボランティアが入ったとしても、職員さんたちは遠慮・・・?!
被災しながらの役場の仕事は、ストレスの多い、さまざまな意味での板挟みになったりと、大変な状況は想像に難くありませんでした。
勤務時間外での役場でのボランティアは本当に意味あるものだったと実感しました。
本当に疲れておられたのでしょう!ハンドトリートメントを受けながら、ふ〜〜っと眠りに入っていかれた方もありました。
この時も、あらためて福島は終わっていないことを実感しました。福島からの距離が広がるにつれ、きっと自らの想像力と問題の根幹をみつめる力が問われているように思いました。
福島と関東や東京の間のギャップの大きさは何に由来しているのだろうかと。

次の日は、「えすぺり」でのクリスマスの飾り付けの手伝いでした。

Hindeloopen L’atlier SabotをされているSさんがご自分で絵付けをされたクリスマス・グッズや、北欧、イギリス等で求められたクリスマス・デコレーションを使ってお店を飾 られるお手伝いでした。この度も「えすぺり」のこのスペースを本当にさまざまな方がカルチャースペースとして使い、地域の人々との交流の場とされているこ とを実感しました。
日本全国から訪ねてくれる人、福島から自分たちの生き方を見直そうとして訪れるいろいろな国の人、そして原発事故後の人々の生き方を学びにくる若者と、こ のスペースは地球規模の学び場となっています。この時期に「えすぺり」を訪れる人、買い物に来てくれる人、そして、この地で必死に生きている人々が、今回 のクリスマス・デコレーションを通して自分たちとは違う文化との交わりを体験することになるのです。Sさんは、この飾りの説明を通して、その地での人々の 生活を話してくださるに違いありません。非常に豊かな出会いの場となること間違いなしです。


皆様の暖かいご支援と励ましをいただき「いぶき宿」の第一歩、福島の皆様と共に恵みに満ちた2015年の歩みを続けることができました。ありがとうございました。
先の見えない原発の問題との関わり、地球に住む生き物の一員として「いのち」の源に関わり続けていきたいと思っています。来年も宜しくお願い致します。皆 様お一人お一人の上に神さまの豊かなみ恵みをお祈りもうしあげます。どうぞ、恵みに満ちた新年をお迎えくださいますように。

(野上幸恵)