「いぶき宿通信」N0.34

 

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2020 N0.34

10回目の3月11日

2011年3月11日、あの日から10回目の3月11日です。2020年3月11日、この日はコロナウイルスのバンデミックで世界中が、目に見えない細菌にどのように対処していけば良いのか暗中模索を続けていました。今もそれが続いています。そのために各地では、感染拡大を防ぐために東日本大震災の追悼式典の自粛が求められ、縮小しての開催でした。

3宗教合同で追悼・復興祈願祭

大災害が起こると鎌倉在住の宗教者が宗教、宗派を問わず一堂に会して共に祈る歴史的な営みがありました。

2011年3月11日のあの大震災を体験した私たちは、2011年4月11日に第1回の追悼・復興祈願祭を3宗教でおこないました。この時から可能な限りこの祈願祭に参加しています。今年は10回目の祈願祭でした。

第1回は神道、鶴岡八幡宮が会場、次回は鎌倉大仏殿のある寺、第3回はキリスト教の雪ノ下教会と会場は3宗教で順番に持ち回りです。

10回目の今年は鶴岡八幡宮でした。

今年はコロナウイルスの大流行のために、規模縮小、宗教者だけでの祈願祭となりました。

神道、仏教、キリスト教の鎌倉在住の宗教者が70名以上八幡宮舞殿の前に集まり、それぞれの宗教の方法で舞殿で祈願が捧げられました。

他宗教の宗教者もその祈願に心を合わせ唱和しました。カトリックからは雪ノ下教会と大船教会の4人の神父がたと聖母訪問会、聖心侍女会

とメリノールのシスターたちが参加しました。

神父様がたは、韓国人、インド人、アメリカ人、

 

 

日本人と多国籍で、それぞれの司祭が日本語で

聖書を朗読されたり、祈られたりと八幡宮に国際色豊かな(日本語ではあっても)祈りが捧げられました。(NHKニュースwww3.NHK.or.jp/shutoken-news20200311

NHK首都圏ニュースでも報道されました。)

シスターと神父と爆弾

3月15日に聖心侍女修道会の五反田修道院で「社会司牧チーム」主催の「シスターと神父と爆弾」の自主上映会を開催する予定でした。が、コロナウイルス流行のために止む無く中止になりました。しかし、数人で鑑賞しました。

それに合わせて、この自主上映会を勧めてくださった森俊秀僧侶がご自分が『浄土』にお書きになった記事を送ってくださり、添付する事をご快諾くださいましたので、pdfで添付いたします。

「シスターと神父と爆弾」は生きとし生けるものの「いのち」を破壊する核兵器に対して、「いのち」をかけて非暴力で訴えかける行動を実行したシスター、神父、信徒の信念に基づいた活動です。鑑賞し終わり、心の中には静かな、深い信仰と「いのち」への底知れない愛が広がりました。何度投獄されても、めげずに「いのち」を守り抜こうとする姿に創られたものを愛してやまない神の姿の写しを見るようでした。

コロナウイルスの流行が治りましたら、上映会を再度企画しますので、皆様是非ご鑑賞くださいますようにお誘いいたします。

福島県いわき市の外国

1月半ばにいわき市へ行ってきました。フィリピン人のコミュニティの話を聞きに行きました。ララミュの近くにお店(サリサリストア)を出しているフィリピン人に震災の時の話を聞きました。いわき港に入港した船の船員たち(フィリピン人)が店に来ていて、彼らの話も耳にすることができました。

いわき市のサリサリストア

貨物船のようです。今後、フィリピン人のシスターが、いわきのフィリピンコミュニティーと関わっていくことになり、震災後を生きている人たちに寄り添っていく事を期待しています。また、ベトナム人のコミュニティへの寄り添いも始めています。

原発関連の仕事をしている外国人の話も耳にしています。日本社会の中でベトナム人同士での結婚、家族を作っていく人たちも増えているようです。

富岡

今回、3人をご案内して富岡にある「廃炉資料館」を訪ねました。私は今回で4度目でしょうか。毎回、新しい発見があります。

今回は車ではなく、電車での旅なので、富岡駅から徒歩で6号線まで出る間の町の様子をつぶさに見ることができました。

綺麗に整備された駅前。東京からくるものにとっては、ハード面の立派さと閑散としている駅前の様子がなんともしっくりいかない気持ちでした。お二人の女性(高齢者)が手押しの車を押して、道を歩いてくるのが見えただけです。

富岡駅前の高齢者         富岡復興住宅

復興住宅裏の川

一戸建ての住宅や集合住宅が立ち並んでいました。もちろん線量計も設置されていました。

6号線沿い、「廃炉資料館」と道をはさんで立派なスーパーが。そこで昼食をとりました。

食事をしている多くの人は働きに来ている人たちでした。廃炉資料館前のスーパー  スーパー内で昼食

常磐線開通

あの日からまる9年を経て、10年目を歩み始めて間もない3月14日、浜通りの大事な足が上野から仙台まで繋がりました。

長い年限をかけての歩みでした。区間が繋がるたびに、つながったところまで常磐線に乗って現地に出かけていきました。今回もすぐに出かけたかったところですが、コロナウイルスの流行で、見合わせました。が、できるだけ早く、帰還困難区域の残っている地域を通る常磐線で現地をおとずれたいと思っています。様々な想いが交錯している場所だけに現実を肌で感じ、見えなくされている物にも目を向けたいとの思いが募ります。

オリンピックが開催されることになっていれば、すでにJヴィレッジを聖火が出発し、福島を走っているはずです。その陰に見えなくされていることも多々あることは前回の訪問でも耳にしてきました。

3月23日の共同通信社の記事に、

『福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」に隣接する楢葉町営駐車場で空間放射線量が比較的高い場所が見つかった問題で、一帯を福島第1原発事故の収束作業の対応拠点として使った東京電力は23日、施設返還の際に除染をしていなかったと明らかにした。施設は東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの出発地点。

環境団体が昨年10月に施設周辺を調査し、環境省に線量の異常を伝達。同省から除染を求められた東電が調べたところ、グラウンドなど施設内部に異常はなく、楢葉町営駐車場で毎時1.79マイクロシーベルトが計測された。除染は昨年12月に実施済み』

というものがあり、唖然としました。


「いぶき宿通信」N0.35

 

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2020 N0.35

コロナウイルス・パンデミック

コロナウイルス パンデミックの中で、東京・関東から地方への旅行が制限され、ステーホームが求められている時に、心は流行っても東北を訪ねることは憚られました。自分に何の症状もなくても感染しているかどうかわからない中、ウイルスを持っているかもしれないという前提で行動してきました。少なくとも、当地の人、出会う人に感染の可能性をなくすことを考え、メールなりでの関わりにとどめ、心に留め続けてきました。新聞、テレビ、ネットでの情報などへアンテナを張りながら・・・

「東日本大震災・原子力災害伝承館」

2020年9月20日オープン

「双葉町「東日本大震災・原子力災害伝承館」からのリポート。9月20日開館の東日本大震災に関連した福島県の追悼・伝承施設。5月にオープンしたいわき震災伝承みらい館と同じく、 修学旅行のほか、被災地を訪ね歩く「ホープツーリズム」の新たな拠点になると期待されています。東京電力福島第一発電所の北側約3キロにあり、3階建てで延べ床面積は約5,300平方メートル。展示エリアは震災・原発事故の時系列に沿った6 つのゾーンに分かれ、県が資料として収集している「自治体のメモ」や「公文書」、「被災者の手記」など約24万点の内、津波で被災した郵便ポストやガードレール、 野生生物に荒らされた住宅のふすまなど、約150点を展示。中継では、施設の紹介、その意義、将来の活用方法などについて伺います。また、 展示されている資料の紹介なども行い、地震・津波・原発事故という前例のない複合災害について改めて考えてもらうきっかけになればと思います。」

「rfcラジオ福島」ホームページ毎月11日の生中継・双葉町「東日本大震災・原子力災害伝承館」 2020.09.11(金) 13:20~13:28より)

ステーホームの中での自然との関わり

コロナ下でのステーホーム中、毎週友人と庭の草取りに励みました。

自然の中で、太陽の下、熱中症に気をつけながらの作業は心地よいものでした。

たくさんの発見がありました。

「雑草を取ればいいんですね!」

「雑草という草はないんです。みんな名前があるんですよ」

「あ、そうなんだ。雑草という草はない。なんと大雑把な見方だったのだろう」と反省至極。

雑草というのは、人間の勝手な視点からのネーミング(草にしてみれば、すこぶる心外であり、侵害なネーミング。)

〈こんな石ころ、がれきだらけの草を抜くのはたいへん。〉〈草むしり、草刈りでいいわ〉

「根からちゃんと抜かないと、来年また、出てくるでしょう!」

「は〜〜い」と言いながらも〈草だって、かわいそうですよね。来年はまた、来年。根から抜くと根絶。これってジェノサイド???〉今まで考えなかったことまで考えたりした庭作業でした。

そんな中で、珍しい小さな昆虫にも出会い、「エッツ、こんな虫がいるの?これ何かしら?」と、童心にかえりました。一瞬、蜘蛛と思って、「脚は何本?」「6本」「じゃ、蜘蛛ではないわよ、昆虫だけど、本当に蜘蛛みたいに見えるわね」

 

IMG-1199    IMG-1207

これはカメムシ                        こちらは蜘蛛

(カメムシの一種の                            (アダンソンハエトリの♂)

アカザシガメの幼虫)

どちらも関東地方にも住んでいるムシでした。

ネットで見つけた記事                 

庭で遊びたい小学生 VS 絶対に生えてくる雑草 4年間の戦いをまとめた自由研究「雑草全滅大作戦」が一大スペクタクル

9/3(木) 21:03配信

 「(略2017)庭で遊びたい一心で、塩水や除草シートなど、毎年試行錯誤を重ねてきました。しかしどれもうまくいかず、レポートは毎回「自然の力には勝てない。今のところ、自分たちの力で草を抜くしかない」と結ぶはめになったといいます。(略)長女が中学に上がり、長男が単独で臨むこととなった3年目(2019年)も、結果は例年と同じく失敗に。それでも彼はこのとき、「土が固いと雑草が生えにくくなる」可能性に気付きました。(略)彼自身もまもなく小学校を卒業するため、挑戦も最後になるだろうと、研究は万全を期して冬(2020年1月5日)からスタートしました。「土踏み」の効果を確かめる対照実験として、庭の半分のみを毎日欠かさず歩き回ることに。もう半分は何もせず放置します。2カ月ほど経ったころ、歩き回った側だけがほぼさら地になり、放置した側には草が生い茂るという、明白な効果が現れました。この結果を当時ぺこさんがツイートで紹介したところ、大きな注目を集め、農家からも「発芽して根がつく前に草を殺す有効な除草法」と評価されています。(略)緊急事態宣言に伴う休校により、実験はますます捗ったようです。しかし、敵ながらさすがと言うべきか、踏んでいないエリアは草ぼうぼう。夏にはどうなることやらと、家族を震えさせます。そんな不安は的中し、5月には雑草が急成長。踏んでいる側にまで芽吹き始めてしまいました。6月になって休校が解けると、実験に使える時間も少なくなり、庭はじわじわと草に浸食されていきます。やはり人類は自然にあらがえないのか……?  (略)長男は最後の仕上げとして、「途中で踏むのを止めたらどうなるか」を検証するため、「踏まないエリア」を増やしました。すると約3週間で、放置されたエリアには草が繁殖。元の木阿弥になってしまいましたが、「踏む効果」自体は証明されたといえるでしょう。ただ、研究の成果は見えたものの、「踏み続けない限りは生える」雑草のたくましさに感じ入るところがあったのか、考察は「“雑草”かどうかを決めるのは、いつだって人間の心」と、哲学の領域へ。レポートは「今まで雑草と戦ってきたのが間違いだった。これからは雑草と共存していくことを決めた」と、壮大な結論で締めくくられました。今後は雑草を生やしたままにし、必要に応じて草むしりをするとのこと。レポートの末尾には「今までゴメンね」と、優しい言葉が添えられました。(以下省略)」

雑草と言われている草が美しいリースに

私たちもこの夏、どれだけヒメコバンソウを抜いたことか。それでもやっぱり残っていて次週には元気な姿を見せてくれていました。

内心〈よかった!ジェノサイドでなかった!〉と胸をなでおろしました。

 

『パンデミック後の選択—教皇フランシスコ』

これは、3月27日から4月22日にかけて人類が今、取り憑かれ、苦しんでいるコロナウイルスによるパンデミックについて教皇フランシスコが言及されたり、記されたりした8つの重要な文章が収められています。「この文章集には二つの目的があります。一つは、この人類の危機から生まれうる、より良い世界を築くための方向性、手がかり、指針の提言です。二つ目は、これほどの過酷な苦しみと困惑の只中にあってすら、希望の種をまくことです。教皇はこの希望を、紛れもなく信仰においています。『神が共にいてくだされば、命は決して失われないのです』」(P.7-8 序文より)

(2020年7月22日発行  カトリック中央協議会  ¥500+税)