「いぶき宿通信」No.19

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2017 No.19 2017.6

【福島の現状を知る旅】
久しぶりにミニバスをチャーターして福島の視察に出かけました。10人での旅でした。
東北道を郡山に向って走りながら、窓の外の景色に目を留めました。前回の通信でメガソーラーについて触れましたが、東北道のバスから見えた景色で一番ハッとしたのは、ソーラーパネルでした。耕作放棄地にソーラーパネルが並べられていることが気にはなっていました。が、いたるところがソーラーパネルで埋められていました。あのパネルの下の土が「息苦しいよ〜〜!」と言っているように聞こえて仕方ありませんでした。それだけでなく、あのメガソーラー程ではありませんが、小高い山肌が裸になり、ソーラーパネルを着せられているのにはびっくりしました。その脇の木々も伐採途中でした。写真を撮ろうとしたのですが、わたしの反応が遅く、バスはす〜と高速を走ってしまいました。
郡山から磐越道に入り船引三春で高速をおりました。4月の桜の時期には車の行列が出来る場所です。千年余の三春の滝桜を見に行くにはここからです。
「さんさんバザー」(地域のミニミニバザー)に「えすぺり」に農作物、加工品を出しておられる地域の方々が協力してなさっているミニバザーです。「錦糸かぼちゃジャム」を作ってくださる稲福さん、今年「錦糸かぼちゃピックルス」を作ってくださる村上さん、そして「エゴマのピリ辛しょうゆ漬け」を一緒に作りたいなとおもっている渡辺さん、そして地域の皆さんの懐かしいお顔に出会えてとてもうれしかったです。

バザー店バザー食堂

アロマハンドトリートメントの提供をしました。はじめての方がアロマハンドトリートメントを体験してくださいました。「手が動きにくく冷たかったのに暖かくなり、とても気持ちよかった」と言ってくださり、うれしかったです。そして、「たばこ」栽培農家の方で原発事故後3年経った時の悲しい現実を話してくださいました。ビニールハウスで栽培していて、ビニールの取り替えで、そのビニールを下に敷いてタバコの葉を収穫して置いたらば、その葉から放射能が検出されて全て廃棄処分になり辛かった話しでした。

【いわき魚業】
夕方いわき教会でミサに与りました。ミサ後に、漁業関係の信者さんがいわきの漁業の現状について話してくださいました。いわきではまだ8%ほどしか操業が戻っていないそうです。1割も戻っていないんです、7年目に入っているのですが。原発事故当時既に生まれていた魚で寿命の長い種類の魚はまだ、放射能が検出されるのです。が、寿命の短い魚は世代交代しているので検出されないそうです。しかし、消費者は福島の魚というだけでダメ。買ってもらえないのです。買ってもらえなければ魚を獲っても・・・これだけでなく、補償、賠償の問題も絡みいろいろと難しいことがあるとのことです。
「聖書にある『お金は悪』ということがわからなかった。が、震災後の賠償金、補償金をめぐってのやり取りの中で、「お金がなければ生活できないが・・・お金が手に入ると、とどまるところを知らないように要求が高まってくるし、要求のための理由付けも功名に考えられるようになってくる。聖書の言葉の意味しているところが、わかった!」とのお話に人の性の哀しさを知りました。賠償、補償はされなければ正義が行われません。が、とどまるところを知らなくなる要求で人は自らを貶めて行く現実もあるということ。

【浜通の現状】
広野町のJヴィレッジがどのようになっているのか・・・サッカーボールを目安にビレッジへの道を進んだのですが、今までと全く様子がちがいました。前線基地になっていた建物の傍にも行くことが出来ず、工事のためそこへ通じる道は全て封鎖。ビシッと並んでいた車もなく、
整備されていたアスファルトは全てはがされ、サッカー場への復興途中でした。

かつての前線基地j-道を挟む事務所?
(かつての前線基地)         (道を挟んで飯場?事務所?)

【請戸小学校のあった請戸地区】
生憎の曇り空に、深い霧のために今回全くと言ってよいくらい視界が悪くあたりが見えませんでした。それに加え、小学校の入り口は閉ざされ、近づくことが出来なくなっていました。
7年目ともなると確かに何時どのような崩壊があっても不思議ではないのですから。

請け戸小学校請け戸小学校②

(2017.6学校の入り口)           (2013 左の写真の奥)

請け戸墓

(かつて祈りを捧げた、お墓も片付けられ跡形もなかった)

小学校からIF小学校窓からIF

(対岸に見える1F —2013— 小学校の窓から見える1F)
かつての状況を知らない人にとって、請戸地区は家々が立ち並び、人々の生活のいぶきがあったということを知る手がかりはなくなっていました。「ここにも家があったんですか?」
小学校があったから、人は住んでいたに違いないと想像するしかないような状況でした。
霧が深かったために焼却炉も隠されていました。下の写真のように見える筈でした!

焼却炉焼却炉②

(2017.1 に小学校の玄関を背にしてとった写真)

【浪江「希望の牧場」】
浪江の希望の牧場を訪ねました。

希望牧場①

(牧場に地震で亀裂が/2013)

希望牧場フレコンバック
(牛とフレコンバックが共存している/2017.6)

【ふる里からの手紙—楢葉より】ー作詞作曲:梅原司平
あの朝駅の赤いポストに入れた手紙はどこへ
人影もない浜通には柚の実がうれていた
ふつうに笑ってふつうに泣いたいつものあの日を返して
ただいま おかえり さりげない言葉が
こんなに大事なものとは しらなかった
あぁ ふる里 それは私の生命
あぁ ふる里 それは私のすべて

心の傷は癒えなくとも外見は刻々と変化し、次第に何があったのか忘れられていくようです。忘れてはいけないことをしっかりと心にとめておきたいです。   野上幸恵


「いぶき宿通信」No.18

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2017 No.18 2017.5

【相馬伊達太陽光発電所 メガソーラーの現場】
通信15号に記載したように片平さんの話しが心から離れず、5月24日片平さんを訪ねてメガソーラーの現場を案内してもらいました。
東京ドーム50個分のメガソーラー。

メガソーラー予定地

想像がつきますか?このために何が起こるのか・・・
太陽光発電はよいものだとの認識。どんな太陽光発電もよいものだと短絡的に理解してしまう危うさを今回程身に滲みて感じた事はありませんでした。それも、現場に立ってメガソーラーが大自然に対して何をどうするのか、目の前で説明してもらい、メガの意味を身体で感じる事が出来たからだと思います。言葉だけでは実感が出ません。山並みの見える場所にたって、あの山のその地点から稜線を辿ってどこまで(見える範囲)の6倍の広さだといわれて、「え、。。。」(目が点になるなんてものではありませんでした。想像がつかないわけです。)
そして、今見えている山並みが崩され、形が変えられ、緑がなくなり、ソーラーパネルが並ぶのです。それだけでなく太陽の反射熱の影響が連鎖する事、蓄電するために起こる低周波の影響・・・送電は地上では不可能なので地下ケーブルでの送電になること。自然破壊は連鎖していきます。パネルは南向きに立てられなければ効率が悪いので山の形は変えられることの説明にも、「そうなんだ」と自分の想像力の乏しさを今回はこれでもかこれでもかと畳み掛けられたようでした。

無くなる山(あの山の翠は失われ、いのちのないソーラーパネルが立ち並ぶ)

この現場の麓には、鶏糞が何年も何年も廃棄されていました。これも半端な広さではないです。「鶏糞なら、いい土壌になるんですよね!」
と有機肥料のことを考えていたら、「鶏糞ばっかり何十年も廃棄しているから駄目だ」といわれて、「そういうものなのか!」と一つの種類だけではいのちは生きていけないんだ、多様な
ものの共存があってこそいのちは永らえるもの
なのだという事に気づきました。

鶏糞の廃棄場と無くなる山(消えゆく山と手前の鶏糞の廃棄場)

「過疎地はどこも同じ問題をかかえている。
過疎地だからメガのため利用されるんだ」との片平さんの言葉に、辺境の地、過疎地がメガに狙われている現実が日本の各地で起こり、地球規模でも起こっていると理解しました。

反対運動の93才と
(93才のおじいさんとその息子、片平さんの3人でメガに立ち向かう)

 

【第11回Cosmosカフェ  「原発事故後起きている新たな電力問題」】
Cosmosカフェは「いのちの光3・15」として原町教会信徒有志と地域の市民により2011年以降の生き方を考えることをテーマとして学習会を2014年から企画しておられます。学びの場を「カフェ」と名付けて11回目はご自分の牧場に隣接する山を崩しての自然破壊、いのちの破壊、過疎地を狙うメガソーラーの問題がテーマで、反対運動をしておられる片平さんが講師でした。

11回カフェメガ説明

ソーラーパネルが悪いわけでなく、大規模に自然を破壊していのちの循環を断ち切ること、また、メガにしなければならない理由が経済、利潤追求のためであり、そのために人口減少が起こっている過疎地が狙われていることだと片平さんは強調されます。いのちが殺されていき、人のいのちも危険に晒されるわけです。
相馬玉野地区だけでなく、同じようなことが長野でも進められているとか、いたるところ過疎地は色んな意味で狙われているのです。

【牛さんたちはどうしてますか?】
片平さんの牛さんたちのその後の様子も気になっていましたので、牛たちに出会えたのもうれしかったです。
片平さんの牧場にもあの日放射性物質が降り注ぎ、いのちの大地にその忌まわしい物質が堆積してしまったのです。そのために、牛たちは牛舎に繋がれたままになりました。何度も交渉を重ね、引きはがされた土壌に再度牧草を植え、放射能が検出されなくなるまで、繰り返しの植え替えで、やっと放牧が可能になったのが去年でした。それまで牛たちは仲間を失いながら牛舎で耐えて来たのです。その耐えたあとが、放牧されている牛たちの足に残っていました。痛々しい姿でした。

変形した牛の足

(牛舎に繋がれていた数年で変形した牛の足、仲間を失いながら)

広々とした牧草の間で草を食んでいた牛たちに片平さんが「こい、こ〜〜い、こい」と優しく呼ばれると、三々五々、牛たちが呼ばれた方によってくるのです。大きな身体の円な瞳でよってくる牛たちの表情は穏やかで優しく、心なしか口角があがりうれしく笑っているようでした。まるで、なでてくれといわんばかりに柵に顔を寄せてきました。

牛さん撫でてと呼ぶと来る牛

この日の朝、片平さんが牧場に出て見ると、なにかいつもと違いそこにうずくまっているものがあり、子牛が生まれていた事に気づかれたそうです。早速息子さんを呼び、子牛を牛舎に入れる事になったのですが、牛たちを放すのに一苦労されたそうです。生まれて数時間の子牛をみたのははじめてでした。初乳を飲んだ後なので満足してゆったりと座っていました。隣りのお姉さん牛が鼻でなでているのもかわいらしかったです。久しぶりの牛たちとの再会でした。

子牛
(いたわり合う動物の世界)

野上幸恵 記


「いぶき宿通信」No.20

「一般社団法人(非営利)いぶき宿(じゅく)」通信2017 No.20 2017.9

【漫画「いちえふ」】
漫画

7月10日「毎日メディアカフェ」では、竜田一人さんが講師として「いちえふ」の現状を、現場で働いた人としての体験から話しをされました。まんが「いちえふ」を読んでいたので当事者からの生の話しを興味深く聴きました。
「いちえふ」は2012年10月から第一原発で働き始めた竜田(仮称)が生の体験を後世に残すために記録として漫画に描き、「モーニング」で連載されたものです。漫画本として刊行されたのは2014年。
反響は大きく、ドイツ語、フランス語、スペイン語・・・そして英語は今年2017年に刊行されました。英語が遅れたのは、右開きの日本語版を左開きの英語にしてページに書かれている分割(まんが)を日本語版と忠実に同じにしたことから遅れたとか・・・
また、この漫画はかの大英博物館に保存版として所蔵されているとのことです。確かに生の記録としては大変に貴重なものです。
竜田さんは、記録を漫画だけでなく、歌でも残そうと思われ、毎日走っていた国道6号線の詩をつくり、歌として披露してくださいました。
『ルート6』の2番の歌詞には
スタート地点Jヴィレジは、日本サッカーの聖地
東京電力完全占拠で 今やピッチも駐車場
ここで着替えろドライバスーツは白いツナギのタ
イベック・・・と続き、国道6号線の状況が記録
されています。
富岡の手前での通行禁止区域でUターンさせられて帰って来たあの頃を思い出しました。
あれから、7年。福島浜通は大きく変わったところと、依然としてそのままのところの格差が

どんどん広がっているようです。

【環境変化条例で対応: 太陽光発電所アセス広がる】

朝日新聞8月21日の朝刊にメガソーラーが環境影響評価(アセスメント)法の対象外となっていることから来る環境破壊が生じていること、生物保護が議論もされることなくメガソーラーの建設がなされ、千葉県成田市の湿地を訪れる野鳥が少なくなり、希有な野鳥がみられなくなっているとかかれていました。
霊山の美しい山並みが変形され、豊かな木々が伐採されてメガソーラーに場を奪われる日が刻々と迫っていることに危機感を募らせているわたしたちは、霊山を訪ねました。今回は富山からの友人も一緒でした。彼女の友人は今滋賀県で建設されようとしているメガソーラーの反対署名を一生懸命にしています。

酒井さん(竹かごは酒井さん作)

前回訪ねた酒井さんを訪ねました。本当に喜んでくださいました。「知らない人がこうして訪ねてくれるって、ありがたいね」とおっしゃってくださりながら、「私は片平さんの縁の下で応援してるだけ」と93才のお年を感じさせない力強さを感じました。そこにはかつてゴルフ場建設に狙われて7年近い年月の反対運動の末、バブルがはじけたことによりゴルフ場の建設が不可能となった闘いが隠されていました。今同じ場所がメガソーラー建設地(東京ドーム46個分)として確保されています。その反対運動をしているのは酒井さん親子と片平さんの3人。わたしたちに出来るのは、こころにかけて一緒に反対していますとのメッセージを送ることくらいで歯がゆいです。が、それでもそんなわたしたちの訪問を喜んで暖かくむかえてくださる優しさは自然との共存から生まれてくるのでしょうか!

蚕廃屋(かつては、養蚕が盛んだった地域。お蚕さんの廃屋)

過疎地化していった土地は買い占められ、ゴルフ場の建設計画が。

ゴルフ場事務所(ゴルフ場建設計画の頃の事務所あと)

それもはじけ転売された価格が何と5億数千万円から3012万円に。(「いぶき宿通信」15参照)

中間貯蔵(原発核事故。奥に見える囲いは放射性物質中間貯蔵施設)

クリーンエネルギ—としての原発がおこした核事故の影響をもろに受けている霊山に、新たなエネルギ—供給としてメガソーラーの建設が襲っています。奥に見える山並みがなくなるということの意味を想像する力が問われています。
あの山が3.5キロずっと形を変えられ、パネルが張られるという途方もない環境破壊の計画を多くの人は知らされないままです。
伊達市にいる人も知らないと言うことを「さんさんバザー」で出会った人から聞いてびっくりしました。また、三春町、田村市(共に原発事故被災者福島県民)の人々の「知らなかった!」との言葉に知らされないままに全てが準備されていくという事の繰り返しに・・・背筋に冷たいものが流れました。

【えすぺり「さんさんバザー」8月26日】
バザー(今回もお仲間がブースを出して、お客さまをおまちしました)

アロマグッズ作りハンドトリートメント
(私たちは来店くださった方々のハンドトリートメントとアロマグッズ作りを提供しました。

 

6月に来てくださった方がハンドトリートメントが気持ち良く、今回も会えるのを楽しみに来てくださり、沢山の方がハンドトリートメントとアロマグッズ作りを満喫してくださいました。
ハンドトリートメントは好評で9時半過ぎから3時半くらいまで切れ目なくトリートメントを提供しました。それでもトリートメントを受けられなかった方がいらっしゃり残念でした。次回は何人かで出来る体制をとってうかがえたらと思います

【富岡駅は大変化】
富岡駅前ホテル富岡駅ロータリー

(瀟酒な駅舎とロータリー、駅前にホテルまで!1!)

【帰還困難区域はあの日から朽ちていく】
帰還困難①帰還困難②

(立ち入ることの出来ない区域、あの時のまま)

 

 

次回「さんさんバザー」は10月28日(土)です。ご一緒に福島にいらっしゃいませんか?
7年前からの時間がいろいろなことを語ってくれます。
『百聞は一見にしかず』                      野上幸恵