The Ibuki Communication No. 8 February 2016

The Dreaming Pumpkin

ibukiletter2-01

Our collaboration with the organic farming specialists in Fukushima started with our first encounter with Mr. Okawara. It started with the extreme fright with our first experience with the nuclear accident of the First Fukushima Nuclear Power Plant. It was the beginning of a crisis in our life, the threat of our very life, the life of the Earth, the life of the Ocean… all of these immense phases of existence, strange enough, were seeking loving individual relationship with each one of us. We were beginning to take our first steps toward this immense nature, trying first to apologize to it for our terrible pride, our presumption as if we could take over the control of nature.

All of a sudden, consumers began to show fear only at the sight of the indication “Product of Fukushima”, because they feel their life is threatened. This causes uneasiness in those who produce such threatening food. Some of these people committed suicide, as they felt unable to recover from their psychological damage. Only those who have experienced similar suffering could understand, but we have tried to imagine what it must be like.

It was through his experience of planting and watching and harvesting of the “Golden Thread Pumpkins” that Mr. Okawara let us share with him. For Mr. Okawara and his people, those pumpkins had been just a vegetable, and it had never occurred to them that one could bake cakes with them. So, there we were with the new idea, the debut of a confectionary.

Seisen Women’s University, which is situated in Shinagawa, had already made a treaty with the government of Shinagawa Ward offering nourishing menus as fair trade. Included in the device was the invention of the Golden Thread Pumpkin Cake, which became extremely popular, to the satisfaction of Seisen students who can now help financially and nutritionally the disaster victims of Fukushima. Now we are witnessing more and more collaboration among various units of activities. The event called the “Happier Life and Unity of Local Power” on the weekend of Saturday, February 13 and Sunday, February 14 added special color and life by the participation of more than a hundred local groups. At its opening ceremony, the greeting by the Mayor of Shinagawa was followed by an extremely lively Seisen Girls’ cheering presentation. The fifth anniversary of the East Japan Great Earthquake is thus being commemorated in many creative ways. The threat of nuclear damage is still there, and so are our prayers and mutual encouragement.

ibukiletter2-02


The Ibuki Communication

Hello, Readers!

This is a rather informal communication with our friends who are interested in our activities. It will be informal in many ways, for example, you will not be receiving the newsletter periodically and faithfully, and the style or length will also be irregular. However, you will hopefully catch our spirit and the intention. As Ibuki means the spirit, we dare to talk to you freely like the Holy Spirit.

ibukiletter1-01

We go back in our history a little bit, but let me tell you about our last volunteer trip to Fukushima, on November 27-28, 2015. On November 27 p.m., we visited Mr. and Mrs. W. who are involved in the organic cultivation of Egoma, a kind of perilla which produces oil, originally coming from China and India. Since it was taken up as a topic in a TV program, Egoma suddenly became popular. The couple told us how hard they have to work for the whole course of its growth.

Then in the evening, i.e. after 5 p.m., we went over to the Village Office of Katsurao, and visited the public servants after their day of duty to give those who wanted “aroma hand treatment”. When we try to offer this kind of service during their working hours, the public servants refuse to receive the service. However, outside their working hours, we were welcomed. It was worthwhile to give them a little act of consolation. They were certainly physically very tired. This alone already convinced us that the problem of Fukushima was not finished. It was indeed a very meaningful evening.The more geographically distant from Fukushima, the less capable we are of understanding its problems.

ibukiletter1-02

The next day we went to help the work in Ms. S’s little shop for Christmas decorations. We were glad to see that this little space of Esperi is well utilized as an inter-cultural space for young people of the area to mix with each other. Even having someone explain what the Christmas decorations mean could become a great opportunity for cultural exchange.

ibukiletter1-03

A good number of visitors from all over Japan come to see the site of the Earthquake and Tsunami; numerous young people come to observe the actual daily life of the victims of the Nuclear Accident…. All these opportunities serve as a place of rich learning.

We are looking forward to the future development of these humble steps. May the Lord bless your steps as well as ours as we proceed into the unknown but attractive path.

Sister Yukie Nogami, ACI


第10回 福島 有機農家との交流・農業ボランティア・視察の旅  

大河原えすぺり

header_test01

 

 

 

 

 

 

日  時   2016年4月15日(金)〜4月16日(土)

場  所   「えすぺり」有機農業者・大河原伸、多津子夫妻の直売所 および 畑

 参加費用  コテージ利用     15,000円(貸切りミニバス代/宿泊代/15日昼食代/16日昼食代)

*本館和室をご希望の場合は、1000円追加になります。

*15日夕食、16日朝食は実費になります。

宿 泊 先      「三春の里」田園生活館

       〒963-7722 福島県田村郡三春町大字西方字石畑487-1

定  員    10名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)

主  催   一般社団法人(非営利)「いぶき宿(じゅく)」

ツアー行程表  (内容につきましては、変更の場合がございます)

15日(金)

7:40  集合  品川駅 港南口 交番前

7:50  出発 「えすぺり」に向かう

12:00  昼食 「えすぺり」で、地域の方々の有機野菜等を使った食事

14:00〜16:00  畑での農作業/雨天の場合、ビニールハウスで作業

16:30〜 宿泊所「三春の里」 自由行動(大浴場有り)

18:30〜 大河原多津子さんの人形劇と伸さん自作の歌(原発事故後、再起できなく廃業された仲間の物語)

交流会      大河原ご夫妻に原発事故後の現状をお話し頂きます。

20:30   散会

16日(土)

8:00  チェックアウト 滝桜鑑賞

9:40  「えすぺり」で野菜などの購入(郵送可能)

10:30  「えすぺり」出発

11:30  Jビレッジ・楢葉町・富岡町視察

昼 食

14:00  視察後、帰路に着く

18:00  品川駅到着予定 (交通事情により遅れる場合がございます)

 

申し込み方法: 申し込み用紙にご記入の上、FAXかメールでお申し込みください。

締  切     月31日 (定員になり次第締め切らせていただきます。)

問合せ先   〒244-0812 横浜市戸塚区柏尾町1225-6

一般社団法人「いぶき宿」    代表 植木 二葉

TEL/FAX:045-392―8114         携帯番号 070-5569-6538


「いぶき宿」通信 No.8(2016.2)

「夢見るかぼーちゃん」デビュー

いぶき宿通信8-1

大 河原さんとの出会いではじまった福島での有機農業者との恊働。それは、核事故(福島第一原発事故)によって激しく脅かされた「いのち」ヘの危機感から、 「いのち」の源を紡ぎだす自然の「いのち」、大地の「いのち」、大海原の「いのち」へのおもいから顔の見える関わりを求め、何十年、否、何百年、いつまで かかるか知れない、核分裂により破壊された大自然を取り戻すささやかな歩みの始まりでした。人が驕り高ぶり自然を支配しようとして引き起こした取り返すこ とが不可能に近い事故。一挙に消費者は「福島産」という文字をみるだけで、敬遠するようになり、その向こうにある生産者の方々の「いのち」が脅かされたの です。絶望のなかで自らいのちを絶った人、精神的なダメージから立ち直れずに豊かないのちを生きられなくなった人、希望をもぎ取られた、その苦悩は計り知 れないものです。経験した人でなければ分らないとは思うのですが、想像を働かせて理解しようと努めてきました。

そんな中で、「金糸かぼ ちゃ」(そうめんかぼちゃ)の種を植え、定植し、収穫させてもらい大河原さんと一緒に育てた「金糸かぼちゃ」でした。野菜として食べること以外、お菓子に する発想はなかった「金糸かぼちゃ」にお菓子としてデビューしてもらうことを夢みてのはじめてプロジェクトでした。

品川区にある清泉女子大 学は品川区と連携・協力に関する包括協定を結んでいます。NPO法人「みんなの食育」は品川区との恊働事業として「こみぷら八潮喫茶コーナー」「みんなの 食育元気食堂」を運営し、元気食堂フェアトレードを企画しています。女子大生とNPOが恊働で食品開発をして「社会貢献活動しながわ」で「夢見るかぼー ちゃん」を販売することになったのです。「夢みるかぼーちゃん」のネーミングは学生です。一緒にミーティングをしていて、「こういう名前は私たちの年代で はでてこないわね」というと、あっさり「そうですね」と。爆笑でした。江戸の品川宿「しながわ」にもかつて「しながわ」で作られていた野菜があったのです が、今は絶滅危惧種の様相を呈しています。それを復活させ、地元の野菜を使って食育をと、「みんなの食育」は考えておられ、地元産の食材を使う中に復興支 援として私たちの「金糸かぼちゃ」も使ってくださることになりました。私たちの夢をかぼちゃに託しました。「夢見るかぼーちゃん」がきっと福島の夢を人々 に発信してくれることを確信しています。

2月13日(土)14日(日)は品川区大井町のイベントホールで「ゆたかな暮し つながる地域2016 品川区消費生活・社会貢献活動展」が開催されました。いぶき宿通信8-2

土 曜日に59団体、日曜日に51団体と品川区内で活動している団体が一同に介してそれぞれの活動紹介と横の繋がりを持ったのです。40年以上の歴史をもつ 「消費生活展」と8年目の「社会貢献活動展」が今年から1つのイベントとして繋がりを密にスタートしたのです。さまざまな活動体がお互い顔を合わせて品川 区という地域に住民への貢献という歩を出すその波が波紋となって日本中にそして、世界につながって行くことを「夢見ているかぼーちゃん」です。区長さんの 挨拶があり、清泉女子大のチアグループのプレゼンでオープニングが盛り上がり、チアガールズから区長さんに「フェアトレード」(昨年のイベントではこれを 販売)バレンタインチョコレートを差し上げるというサプライズもありました。

区長さんも「夢見るかぼーちゃん」のブースに立ち寄ってお買い求めくださいました。いぶき宿通信8-3

どのくらい売れるか心配していた心配をよそに販売開始から2時間弱でマドレーヌ50個、饅頭50個は完売でした。いぶき宿通信8-4

地域の中で学生たちが育てられていることを実感しました。そして、地域の皆様の被災地、そして福島への想いも強く感じられました。岩手県田老のわかめ、こんぶ。福島のお米「金のつぶ」もそれぞれの支援グループによって並べられ販売されていました。


 

忘れていません!!

「東日本大震災5年目を迎えて」〜福島に生きる〜

震災から5年目忘れていない!核の脅威は決して収束していない現実いぶき宿通信8-5

ル ワンダの内戦から逃れて来た福島在住のマリールイーズさんの講演会が高輪教会「被災地支援の会」主催で1月31日に行われました。定期的に講演会を開催 し、福島の野菜を購入し、被災地(岩手、宮城、福島)へ足を運び、人々とふれあう中で、自らの在り方を常に自問しておられる教会の人達の関わりが私たちの 心の灯火を燃やし続けています。福島の農家で草引きをして「金糸かぼちゃ」の畑も見てくださった信者さんに私たちも励まされています。

今回のマリールイーズさんは、私たちと恊働している大河原さんと家族ぐるみのおつきあいのある方です。大河原伸さんの夢はルワンダでの有機農業支援です。そんな夢を核事故は遠くの方へ追いやってしまいました。が、夢は大切に今も心に秘めておられます。

内 戦のときのルワンダの状況をはじめて生の声として聴きました。そして、ルワンダの7〜80%がキリスト者だということも、その6〜70%がカトリック者だ ということも。いつ殺されるかわからない中、故郷をおわれることの辛さ、アイデンティティを根こぎにされることがどんなことであるか身をもって体験してい るマリーさんだからこそ、故郷を奪われた福島の人達の心がいたい程分るのだと知りました。また、今世界中で故郷をおわれ、明日のいのちがわからない、希望 を剥奪されて行く人々の現実が身を切られるような痛みとして感じとられていることがひしひし伝わってきた講演会でした。


2016 年はきな臭い危機感を煽るような始まりです。着々と原発の再稼働が我が物顔に歩を進め、信じられない状況です。それでも希望を失わずに「核」に対峙し、 「いのち」を大切に、生きとし生けるものへのいつくしみと憐れみを深め続けるには豊かな感性と想像力、創造力を問われているようです。今年もどうぞ宜しく お願い致します。「夢見るかぼーちゃん」も宜しく!冬場は地元での活動です。    (野上幸恵)