「いぶき宿」通信 No.3

6月25日(木)26日(金)、品川をミニバスで出発し福島へ向いました。

何度、福島に足を運んでも、毎回新たな気持ちになり、心が引き締まる思いです。

大河原さんご夫妻はどうされているでしょうか? 先月定植した苗、蒔いた種はどんな状況になっているでしょうか? 心躍ると同時に、自然の厳しさ、また、何も分らない素人が植えただけに苗はちゃんと根をはっているでしょうか??? 不安が混じった車中でした。

「えすぺり」に到着したのは、お昼少し前、「えすぺり」の定休日に私達の作業を入れてくださっているので、定休日の看板をみながら、お店に入っていくのは、何か貸し切りのお客さんみたいな感じです。

朝 採りの野菜たっぷりの多津子さんの昼食は、お野菜の持ち味を損なわない、そのものの「いのち」をいただいている感じのする、心がほっと休まる優しいお食事 です。ズッキーニーを生で、サラダ感覚でいただいたのは、はじめてでした。それも「三・五・八」という地元の米塩麹(それだけで十分のうまみがありま す!)で浅漬けにしたものの美味しさに新鮮な驚きを隠せませんでした。家に帰ったら、真似してつくってみるゾ!と思ったのは私だけではなかったようです。 女性はみんな同じことを考えていたようです。

昼食の間、大河原さんご夫妻も交えて(お食事はいつもご夫妻とご一緒です)金糸かぼちゃの今後について話に花が咲き、夢が語られ(捕らぬ狸に皮算用???)ほのぼのとした会食です。

1時すぎに、畑に向いました。「かぼちゃ小屋」で着替える人、作業の支度をして、皆写真のようなりっぱな農作業人の出で立ちで畑へ。

身支度して畑へ

身支度して畑へ

先 ず、向ったのは先月定植した「金糸かぼちゃ」の畑。昼食時にご夫妻から、定植後に強風に巻き上げられて、120本植えたうちの多くが根を倒されたり、根こ ぎにされたりして残ったのは70本ほどとの話を聞いていたので覚悟は出来ていましたが、現実を目にして心が痛みました。真っ先に尋ねたのは、『私達の根に かける土のかけ方、根の押さえ方がわるかったんではないですか?』ということでした。

ご夫妻にご迷惑をかけているのではないか、余分な仕事をつくっているのではないかとの心配がいつもあります。でも、「そんなことはないし、助かっている。心にかけて応援してもらっていることが本当にうれしい」と言ってくださる言葉に背中を押されて毎月作業に来ています。

根こぎになっている

根こぎになっている

大風にやられて歯抜けの糸カボチャ

歯抜けになった苗

実をつけている!

実をつけている!

 

健気にも強風に負けずに実を付けている、糸かぼちゃを目に、感激し大きくな〜〜れ!と声援を送りました。

ミニかぼちゃの畑の草引きをしたのですが、奥さんがひと畝抜かれる間に、私達は4人でひと畝。この違い! 草を引いたあとにわらを引きつめていくのです。

わら敷き

わら敷き

草引き 

草引き

 

 

 

 

 

 

 

 

大河原さんご夫妻は、牛を飼っておられます。

牛糞、鶏糞は畑の肥料とし、それによって育つ稲藁、草を飼料とする循環型の有機農業を地元でしていくためです。そんな牛に6日ほど前に子牛が生まれました。

母牛が子牛に乳を飲むように促す方法を、はじめて聞き、それを目のあたりにしてとても神秘を感じました。

誕生6日目?

そんな牛たちと大河原さんご夫妻は別れる日が遠くないことを聞きました。

原 発事故前は、この牛さんたちは田圃の干し草、畑の草を食んでのんびりと過ごしていました。しかし、原発事故で汚染された後に、そのようにのんびりと草を食 むことはままならないと……飼料は外国から購入、牛にしてみれば食べなれた味から、知らない味と栄養分の草を与えられて……ストレスがたまっていたのか、 何が原因なのか、大河原さんの牛は子どもを無事に出産することがなかったとのことです。

自力で出産できなく子牛が窒息死したりと、この子が 震災後はじめての子牛だったのです。ひとしお、いとおしい子牛だと思います。しかし、自然の中で有機農業を営んで行くのは厳しいです。感傷に浸っていては 成り立ちません。牛さんたちは売られていきます。大河原さんは牛を諦め、羊に切り替えられます。

あと何回か訪ねる間に、ここから牛たちがいなくなるのです。

この話しを聞きながら、霊山(飯舘村に隣接する村で、避難区域にはならなかったものの、かなり放射線量の高かった地域)でジャージー牛の放牧をしておられた方を思い出していました。じっと見つめていた牛たちのつぶらな瞳を。

放 牧が不可能になり、やはり外国からの飼料に頼り、牛舎に年中つないでおかなければならなくなった牛たちの姿。そして、春の草のかおりに外に出たいと泣き続 け、ついに出してもらえないことを体得し、牛舎で立てなくなった牛の姿。牧場主のことば「放牧できる可能性があるのだろうか?」「必ず、立ち向かえない大 きな壁にぶつかる時がくる。そのとき、自分はどうするのだろうか?」彼の眼に潜む底知れぬ不安が、この子牛と大河原さんが牛を手放される話を聞いて甦って きました。

26日の朝一番に「葛尾村役場」(仮設)で社会教育係長にお会いして、仮設での「アロマハンドトリートメント」提供の可能性について話し、仮設住民の方々の必要性を伺いました。

葛 尾村は双葉郡葛尾村で、2012年の時点では村の中には警戒区域、計画的避難区域がありました。2013年には帰還困難区域、居住制限区域、避難解除準備 区域となり、昨年2014年10月の時点でも帰還困難区域、居住制限区域、避難解除区域に別れていて、まだ避難解除がされていません。さくら湖(三春の滝 桜の近く)の周りには葛尾村からの避難者のための仮設住宅が10ほどあります。その何れでも、必要性があるのです。みなさん5年目の避難生活を仮設住宅で 送っておられます。集会室に案内してくださり、そこに集っておられた皆様の暖かいウエルカムを受けました。その日は社交ダンスの集まりだったようです。

F 教会の皆様が、アロマハンドトリートメントの方法を学ばれて早速、南相馬でのボランティア活動に取り入れられたそうです。男性の参加が多く、ボランティア さんたちはびっくりされ、同時に、当時の話しをされて、汗と涙で一杯になったとのコメントを送ってくださいました。出会い、心がふっと開かれていく優しさ が植物の持つ力と人の触れ合いが引き出してくれるのでしょうか。うれしいことです。

私達の次回7月の活動は、25日(土)26日(日)の一泊二日です。

 8月は29日(土)30日(日)に予定しています。

教皇フランシスコが回勅「ラウダート・シ」をお出しになりました。ゆっくりと祈りたい回勅です。『いぶき宿』はこの回勅を糧としていきたいと思います。

(野上幸恵 記)


「いぶき宿」通信 No.2

5月28日(木)29日(金)に第3回「いぶき宿」ツアーを行い、福島県田村市の有機農業の農家大河原さんの畑で、金糸かぼちゃ(糸カボチャ)の苗120本を定植してきました。この苗は、先月のツアーで種を植えたもので、芽を出し立派な苗として育っていました。

金糸かぼちゃの定植後、ジャガイモ畑の草むしり、そして、ひまわりの種まき、エゴマの種まきとしっかりと作業をしました。

大 河原さんがひまわりの種を畑一面に蒔かれたのには理由があります。この畑の隣りが大河原さんのズッキーニーの畑です。が、隣りの畑は耕作放棄地で雑草や ら、葛などがおい茂り、大事なズッキーニー畑を襲わんばかりだったそうです。それで大河原さんは隣の耕作放棄地を借りてひまわりの種を植えることにされた のです。このひまわりは油をとるひまわりなので、(私のように無知なものは、ビールのおつまみにする種を取るひまわりと油を搾るひまわりは違うんだという ことすら知らず、検討はずれの質問をしたり・・・)収穫後は油を搾ってもらい、天ぷらをしようと夢は秋に向っています。

このひまわりの種まきは、ご近所の農家のWさんご夫妻ともご一緒でした。Wさんは同じ地域でエゴマ、ひまわりを栽培し、その油絞りをされています。人懐っこいラプラドールとねこも作業に参加(???)

なんと、犬は放し、ねこがつながれていました。

(金糸かぼちゃの定植/定植の道具に歓声!)

(金糸かぼちゃの定植)

畑①

定植の道具に歓声!

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりの種まき/一面ひまわりの花が咲くと見事でしょう! 今からニコニコ

ひまわりの種まき/一面ひまわりの花が咲くと見事でしょう! 今からニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業を終えたわたしたちは、三春の里生活館のログハウスへ行って汗を流し、「えすぺり」に向いました。

「え すぺり」に作物を搬入しておられる農家の方々との交流会を企画しました。地域の復活を目指して日々努力を重ねておられる方々の、おいし〜〜い野菜、加工品 を口にしているわたしたちは、生産者の方々と会って直接にその思いをうかがいたいと思いました。10人の方々が農作業の後の疲れにもかかわらず集ってくだ さり、交流会を持ちました。

農家の方々もお互いに顔を会わせ、挨拶はしても、それぞれがなぜ有機農業をはじめたか、どういう思いで農業をし ているかを話し合ったことはなかった、よかった。これからもこのような機会をつくって個々別々でなく、村全体として地域の農業を活性化したいと話されてい ました。これがきっかけとなって地域が一つになっていくことを願っています。それにしても、耕作放棄地が増え、村にある100町歩の農地を継ごうとしてい る次世代は今のところ2人・・・

素敵な人々と一緒に有機農業をやってみたい人、いませんか?!

(交流会)

(交流会)

今回もう一つうれしいことがありました。

チェルノブイリ原発事故後に個人的にガイガーカウンターを購入された大河原さんのガイガーカウンターが3月15日になったのです。

大 河原さんはびっくり!!! その後、持っておられた「かぼちゃ小屋」(人形劇、地域のたまり場、子どもたちの学習の場として活用していたもの)を「市民放 射線測定所」として放射線を測って来られた「かぼちゃ小屋」が地震と放射能被害、そして大河原さんたちの一変した生活のために荒れ始めてしまいました。

大震災、原発(核)事故から5年目に入り、地域の活性化、また作業中に使うことの出来るトイレの整備を考えました。いただいた支援金をトイレの整備にあてることが出来ました。

 

かぼちゃ小屋入り口

かぼちゃ小屋入り口

夢のトイレ

夢のトイレ

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃ小屋1階

かぼちゃ小屋1階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、寝袋での宿泊も可能になり、隣りに小学校と中学校、幼稚園があるので、子どもたちの学習の場を提供すること、地域の人達との語らいの場ともすることが出来るようになりました。夢を広げる『トイレ整備』でした。

29日朝早く、宿泊先の三春の里生活館を出発し、避難先の葛尾村役場を訪ねました。

三春のダム周辺に浜通から避難して来ておられる人々の仮設住宅が多数あります。まだまだ帰ることが出来ず、また、自宅の再建もままならず、復興住宅に移転することも出来ずに仮設に生活し続けておられる方々が今必要とされていることが何かを伺うのが目的でした。

もし、アロマハンドトリートメントが喜ばれるようでしたら、それもわたしたちの出来ることかもしれません。何れにしても、望まれていることが何かを聴くことが先決。

仮 設団地から「えすぺり」に行くと、まるで誰かがどこかで導いておられるように、わたしたちが訪ねた葛尾村役場のある仮設の『葛尾村支援グループ』のかたが 来ておられました。誰も連絡をとったわけではないのに。また、その朝、大河原ご夫妻がわたしたちとつなぐためにこのSさんの話しをしておられたとか。そし てわたしたちが大河原さんの「えすぺり」を訪ね大河原さんとご一緒に活動するきっかけは、このSさんを通してだったのです。

神戸からのボラ ンティアさんたちをご案内して、葛尾村からの仮設に行ったときのお弁当を大河原さんが届けてくださり、そのとき自作の詩を歌ってくださったのです。原発が 事故をおこし、放射能が拡散し、土が汚染され、農作物から放射能が検出された時のことを詩にされていました。涙が流れたのを覚えています。帰り道に早速 「えすぺり」を訪ねたのが、「いぶき宿」に繋がり、今、円を描いて葛尾村の仮設、村役場に繋がってきました。

「えすぺり」での買い物をすませ、一路浜通へ。

磐 越道、常磐道を走り広野で高速を降りて、Jヴィレッジへ向いました。Jヴィレッジのレストランで昼食。切れ目なく1F(福島第1原発)、2F(福島第2原 発)などで働いている労働者が昼食に入れ替わり立ち代わり。同じところで働いている人がグループで食事をしておられる一角も。また、同じ派遣会社の人かし らと思われる会話も・・・

ロビーでは書類を広げているグループも。

今までとは違う場面に出会いました。若い人が多いのにびっくりしました。

富岡の駅(今は解体され、跡形もありません)、富岡の町を通りました。

駅につくられている慰霊碑の前で静かに祈りました。目の前には海が見えるはずですが、一面のトンぶくろ(放射性汚染物質をつめた1トンはいる黒い袋)の海。

駅前の壊れた家々は、未だにあの日のまま。5年目に入ってもあの日のままでした。

富岡駅前

富岡駅前

富岡駅前慰霊碑

富岡駅前慰霊碑

 

 

 

 

 

 

 


次回のツアーは6月25日(木)26日(金)

問い合わせは、下記の携帯電話まで。一般社団法人(非営利)「いぶき宿」(Meeting Place of Life)

事務所:横浜市戸塚区柏尾町1225−6

070-5569-6538

 

(野上幸恵 記)


第5回 福島 有機農家との交流・農作業ボランティアと視察の旅 プラン1

大河原

えすぺり

日  時:2015年7月25日(土)〜 26日(日)
場  所:「えすぺり」有機農業者・大河原伸、多津子夫妻の直売所 および 畑

三春の里

三春の里

福島県田村郡三春町桜ヶ岡3-5-2
参加費用:17,000円(貸切ミニバス代/宿泊代・昼食代、夕食代、朝食代)
現地集合解散:5,000円
宿泊先 :「三春の里」田園生活館本館
〒963-7722 福島県田村郡三春町大字西方字石畑487-1
定  員:10名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)
主  催:一般社団法人(非営利)「いぶき宿(じゅく)」

ツアー内容:(内容につきましては、変更の場合がございます)
7月25日(土)

時間 予定
7:40 集合 東京駅丸の内 北口 (改札を出たドーム下)
8:00 出発 「えすぺり」に向かう
12:00 昼食 「えすぺり」で、地域の方々の有機野菜等を使った食事
14:00〜16:00 畑での農作業/雨天の場合、ビニールハウスでの作業
16:00〜 宿泊所「三春の里」 自由行動(大浴場有り)
18:00〜 「えすぺり」で夕食。
大河原多津子さんの人形劇と伸さん自作の歌
(原発事故後、再起できなく廃業された仲間の物語)。
大河原ご夫妻に原発事故後の現状をお話し頂き交流を深める。
20:30頃 「三春の里」宿泊所に帰る

7月26日(日)

時間 予定
8:30 チェックアウト
9:00 仮設住宅訪問後、「えすぺり」で野菜などの購入(郵送可能)
11:00 「えすぺり」出発 「四倉道の駅」で昼食(実費)
14:00 富岡町視察後、帰路に着く
18:00 東京駅到着予定

申し込み方法: 申し込み用紙にご記入の上、FAXでお申し込みください。

問合せ先:〒244-0812 横浜市戸塚区柏尾町1225-6
一般社団法人「いぶき宿」代表 植木 二葉
TEL/FAX:045-392-8114
携帯番号 070-5569-6538

8月の予定:8月29日(土)30日(日)


「いぶき宿」通信 No.1

有機農業は農耕地とそれを囲む「里山」、「河川」、「生物」など自然との調和の中で営まれています。私たち人間も例外ではなく、大自然のいのちの中のひとつです。

2011 年3月大震災後の福島第一原発事故により、そのいのちが激しく脅かされました。田村市船引町で約30余年間有機農業を営んできた大河原ご夫妻が、放射能汚 染などの被害から立ち上がり、土壌を再生し、収穫した一つ一つの作物の線量をていねいに測定しながら、消費者の皆様に「自然の恵み(いのち)」を届けよう と努力しておられます。

そして福島の農産物が風評被害で売れなくなった現状からの再起を懸けて、地場野菜やその加工品などの直売所『えすぺり』を自力(借金)で創設し、有機農業を諦めず頑張っている仲間たちの拠り所としてまた福島の自然と農業を守る活動の基点として運営なさっています。

被災地域の復興、農林水産業等の活性化、 人材の育成等を行い、地域の振興及び環境の保全に寄与することを目的とし、その目的に資するため『いぶき宿』(非営利一般社団法人)を立ち上げました。

大河原ご夫妻との出会いにより、有機栽培農家の方達との恊働を通して、いのちのいぶきをみなさんに感じていただきたく、その機会をいかのような活動を企画しました。

三春の里の豊な自然のなかで、農作業を体験し、里山のいぶきを体全体で感じ、人間も自然の一部であるという謙虚さを学びながら、いのちのいぶきを求めていきたいと思います。

  • 有機農業者の支援、有機農産物の直送販売の支援
  • 有機農業の体験会開催
  • 里山体験宿泊(三春の里 田園生活館のコテージ宿泊など)
  • 直売所『えすぺり』でのパッケイジ作業
  • 里山で開催されるイベントの企画と参加
大河原さんの田圃

大河原さんの田圃

国道288号線沿いの「えすぺり」

国道288号線沿いの「えすぺり」

店内の大河原夫妻

店内の大河原夫妻

 「つなぐ」いろんな人と人をつなぎます  公開」放射能測定値、野菜の栽培履歴を公開

 「フェアトレード」美味しい野菜を適正価格でこの三つをコンセプトに、2013年7月13日、福島県三春町にオープンした野菜とパンの店 それがえすぺり」です。